文化の発信、地域のにぎわいづくり、共生社会の手作りイベント応援します。人と地域を結ぶLLP YUI企画
イベント情報 インフォメーション これまでの活動 YUI企画とは まちネタコラム メンバー紹介 リンク集 お問い合わせ

イベント学会 2010年研究大会

2010年9月3、4日実施
会場:3日(金) 大阪市中央公会堂
4日(土) 国立民族学博物館
テ ー マ :〜イベントが都市を創造する〜「BETTER EVENT BETTER CITY」


10年ぶりの大阪開催となったイベント学会研究大会は
”まち歩き”と”大阪万博”という対照的なテーマで2日間行われました。
会場もそれぞれのテーマにふさわしい場所が選ばれました。

初日の開会宣言直後の平松大阪市長の挨拶は
まち歩きへの熱のこもりようが伺えました。

堺屋会長の基調講演は、社会を驚かすイベントの必要性を訴えました。会場(中央公会堂)

続く シンポジウムでは、「えひめ街並み博2004」「かなざわ・まち博」「OSAKA旅めがね」を
手がけた各プロデューサーが、脚光を浴びるまち歩きイベントが目指す方向性と課題について
それぞれ見識を述べました。

まだまだ世間一般では依然ボランティアの認識に留まっているまち歩きですが、
将来の発展の可能性を秘めた事業としてあらためて裏付けられました。

シンポジウムの後は交流パーティー参加者を対象に、 約70分間の近辺のまち歩きを実施しました。
まだまだ残暑が厳しいにもかかわらず、約30人が参加し、大阪のまちの風景を楽しみました。

2日目は大阪万博40周年を記念するものでした。会場の国立民族学博物館は万博会場跡地に建てられています。イベント学会研究大会

あらためて大阪万博とは何だったのかを問う機会でもあり、
プロジェクトに関わった電通が当時制作した社内向け映像が流されました。

万博の原体験を持つパネリストたちによるシンポジウムでもその点が検証されました。

そして大阪万博の特徴として、社会的影響の大きさと日本国民が総出で騒いだ祭りだったと意見の一致を見ました。

また午前中に研究者による口頭発表が行われましたが、11のテーマのうち、
実に6つまでがまちづくりや社会貢献に関わるもので、イベントの世界も様変わりしたことと感じさせるものでした。
まち歩きのガイドさん

◇関連記事(毎日新聞)  

 



【一日目】

  開会宣言   橋爪紳也大会実行委員長(イベント学会副会長)
  来賓ご挨拶  平松邦夫大阪市市長
  基調講演〜BETTER EVENT BETTER CITY 〜   堺屋太一(イベント学会会長)
  シンポジウム〜都市再発見、まち歩き型イベントの可能性〜
           モデレーター 橋爪紳也:イベント学会副会長
           パネリスト   宮本倫明:プロデューサー(イベント学会理事)、 「えひめ町並み博」総合プロデューサー
                    長谷川孝徳: 「かなざわ・まち博」推進者&研究者、 北陸大学 未来創造学部教授
                    オダギリサトシ:「大阪旅めがね」プロデューサー 
  会場周辺まち歩き

【二日目】

  口頭発表(11組)
  
  歓迎の言葉  国立民族学博物館副館長:
  特別講演「70年万博の遺伝子」〜イベントの進歩と調和 〜  橋爪紳也 (イベント学会副会長)
  シンポジウム〜EXPOの文化遺伝子ミームは今?〜
            モデレーター 橋爪紳也:イベント学会副会長
            パネリスト   吉田憲司:国立民族学博物館教授
                     嘉門達夫:シンガーソングライター
                     ヤノベケンジ:現代美術作家

■口頭発表者と題目

・平家良美・大石祥子(京都総合研究所)  「古都・京都の文化財とイベントに関する一考察」

・奥 正孝(大阪成蹊短期大学観光学科)  「岸和田だんじり祭りの運営の事例」

・石川敦子(乃村工藝社)  「温故創新『乃村工藝社 博覧会資料COLLECTION』〜イベント資料による社会貢献の取組み〜」

・桑田政美(京都嵯峨芸術大学)  「ジャパンエキスポが地域の観光振興に果たした役割〜世界リゾート博、南紀熊野体験博を事例として〜」

・中川美穂・伊藤陽祐(京都嵯峨芸術大学)  「商店街におけるイベント実践報告『歩いciao!着物で千ブラ』〜大学生が案内する路地裏散策〜」

・井上浩史郎(近畿大学経営学部商学科)/猪池雅憲(太成学院大学)  「ネット社会のイベントに関する一考案〜オフ会参加・開催経験を生かして〜」

・猪池雅憲(太成学院大学)  「昭和の文化を味わうおまつりに関する事例研究−「どっぷり、昭和町」

・今井雄彦(サクラインターナショナル)  「韓国で開催される世界大百済典と奈良県・熊本県のご出展について」

・貝辻正利(神戸大学大学院工学研究科博士課程)/北後明彦(神戸大学教授都市安全研究センター)  「イベント・プロデューサー視点での安全対策責任の考案
〜明石世紀越えイベント『ジャパン・カウントダウン2001』安全対策分析結果からの提起〜」

・諏訪部裕美(博報堂ソーシャルビジネス局)  「エコウォーク活動(観光地域づくりイベントのオーガナイズと運営の工夫、成果、課題)」

・横尾俊成(博報堂ソーシャルビジネス局)  「赤坂グリーンバード活動 (地域社会貢献型イベントのオーガナイズと運営の工夫、成果、課題)」

平松大阪市長1日目のシンポジウム橋爪実行委員長堺屋会長

イベント学会イベント学会
〒102-0082 東京都千代田区一番町13 一番町法眼坂ビル3階
電話:03-5215-1680 FAX:03-3238-7834



LLP YUI企画 Copyright(C)2005-2010.yuikikaku rights reserved.